現在地

GNSS大気遅延

GNSS大気遅延

 

 電離層フリー線型結合の搬送波観測は,GNSSアンテナの位相中心座標,受信機・衛星時計,対流圏遅延,位相不確定性により

$ l_\phi = \rho + c (dT-dt) + STD + N \lambda + \epsilon_\phi $ (1)

と表される.ここで,
$ l_\phi $ : L1, L2 搬送波の電離層フリー線型結合の位相
$ \rho $ : GNSS衛星から受信機までの距離
$ dT $ : GPS時刻に対する受信機時計の誤差
$ dt $ : 衛星時刻に対する受信機時計の誤差
$ c $ : 光速
$ N $ ; 電離層フリー線型結合の位相不確定性
$ \lambda $ : 電離層フリー線型結合の波長


 GNSS衛星から受信機までのマイクロ波の伝搬経路に沿った対流圏遅延 $STD$ は,以下のように天頂方向の遅延量 ZTD にマッピングできる:

$ STD(\epsilon) = m_h (\epsilon) \cdot ZHD + m_w (\epsilon) \cdot ZWD $ (2)

ここで,
$ m_h $ : 静水圧マッピング関数
$ m_w $ : 湿潤マッピング関数


 GNSS解析では,一般に,(2)式の右辺の ZHD に気候学的大気モデルの初期値を仮定し,その効果(視線大気遅延)をあらかじめ観測値から差し引き,その残差としてZWDを推定する.ZHD と ZWD の和が,GNSS解析で得られる ZTD推定値である.